さんま、まさみと念願“初デート”



タレントの明石家さんま(52)と女優の長澤まさみ(20)がダブル主演するTBS系ドラマ「ハタチの恋人」(10月14日スタート、日曜・後9時)の収録がこのほど東京・六本木の東京ミッドタウンで行われ、2人の“初デートシーン”が実現した。

ドラマはさんま演じる50歳のサラリーマンが、初恋の人にそっくりな二十歳の専門学校生(長澤)に出会い、恋に落ちるラブコメディー。以前から「長澤ファン」を公言するさんまだけに、念願の共演シーンに大ハッスル。収録の合間もしゃべりっ放しで“恋人”を笑わせ続けるなど、楽しげな雰囲気で撮影は進行。長澤はさんまの話を楽しみ、親子のような親しさも見せていたという。

東京ミッドタウンでは、07年3月にオープンして以来初めてドラマ撮影を許可。これまでは一般客も多く来場していたため許可が下りなかったが、夏休みも終盤に近づいたことと、同所はデザインやアートなどの情報発信拠点を目指しており、今作品の長澤の役どころがデザインを専攻している学生であることや同所のデザイン作品もドラマに関連づけられることから、GOサインが出た。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。