さんま&長沢ドラマに英米歌手の歌声



明石家さんま(52)と長澤まさみ(20)がダブル主演するTBS系ドラマハタチの恋人」(14日スタート、日曜午後9時)の主題歌と挿入歌にそれぞれ、英7人組ユニット、ザ・ピペッツと米セレブ・アーティストのファーギー(32)を起用することが7日、分かった。

連ドラの主題歌と挿入歌に、英米別々のアーティストを起用するのは異例だ。

ザ・ピペッツは6月にデビューしたばかり。主題歌はデビューアルバム「ウィ・アー・ザ・ピペッツ」(17日発売)に収録される「恋ってカンジ!?」。

一方、挿入歌は、ファーギーの希望で書き下ろしのオリジナル作「ピック・イット・アップ」に決まった。

アルバム「プリンセス・ファーギー」に追加曲として急きょ収録し、11月7日に発売される。ファーギーは、米人気ヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズの紅一点で、倖田来未もあこがれるなど日本のファンも多い。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。